BETSUDAI HOME
LINE UP!
ベツダイホームラインナップ

つながりを感じる家生活は自由に。楽しい時は一緒に

〈一部同居型〉つながりを感じる家

それぞれの生活に配慮し、
心地よく暮らせる住まい

玄関や水廻りはそれぞれに設け、各世帯が生活リズムを崩さず
自由に暮らせるスタイルに。青空の下アウトドアや趣味を楽しむ
屋上のスカイバルコニーは、家族のイベントごとにも活躍するシェア空間です。

家族構成
(親世帯)祖父母 (子世帯)夫婦+子1人
1F
2LDK
2F
3LDK+W.I.C.

□延床面積/154.01㎡(46.57坪) 
□1F床面積/67.90㎡(20.53坪) 
□2F床面積/79.49㎡(24.04坪)
□PH床面積/6.62㎡(2.00坪)

つながりを感じる家
  • 1F2LDK

    孫育と老後を考えた
    負担の少ないゾーニング

    子世帯の玄関からは親世帯のリビングに直結し、孫がいつでも遊びにきやすい動線に。親世帯の寝室からはトイレ、浴室にアクセスしやすい間取りを採用し、足腰に負担がかからないよう配慮しています。

  • 2F3LDK+W.I.C.

    ふれあい時間を生む
    「ただいま」からの動線づくり

    子ども部屋はリビング経由の動線にすることで、思春期になった子どもたちとも自然と会話を交わすことができる配置に。収納は主寝室にぎゅっとまとめて、開放感のあるゆったりLDKを可能にしました。

  • 2つのエントランス

    来客が多い家庭に必須のダブル玄関

    来客が多い家庭ならば、「いつも子どもの靴で溢れていて恥ずかしい思いをする」となる前に、玄関を二つに分けるという選択を。仕事で夜が遅くなったり早朝に出かけるなど生活リズムが異なる場合にも玄関を別にする方がベターです。

    2つのエントランス

    ※画像はイメージです。

つながりを感じる家
  • POINT 1

    つながるドア

    親世帯と子世帯をつなぐのは子世帯の玄関から

    それぞれの世帯の生活リズムに配慮しつつ、子世帯の玄関からは親世帯のリビングへ行き来が可能な間取りに。お互いが程よい距離感を保ちながら生活できます。

  • POINT 2

    天空の城 スカイバルコニー

    空に開かれたリビングは家族だけの自由な遊び場

    屋上に設けたスカイバルコニーは、周囲からの視線を気にせず楽しめるプライベートスペース。三世代揃って屋上でBBQを楽しんだり、家庭菜園をしたり。家族の笑顔が溢れる開放的な空間です。

    天空の城 スカイバルコニー

    ※画像はイメージです。

PAGE TOP